予防接種について

感染症をワクチンで予防することの重要性を昨今のコロナウイルスの流行によって感じられた方もたくさんいらっしゃると思います。お子さんのうちから多くのワクチンを接種することで、これまでも多くの感染症の流行を抑えることができていると言えます。お子さんのうちにきちんと予防接種を受けることは、ワクチンで予防できる病気(VPD)の予防に大変重要です。

当院では、たくさんあるお子さんの予防接種をなるべくご負担のないように進められるように予防接種の患者さんがいつでも来院できるよう予防接種専用の診察室を設けました。
予防接種をきちんと接種してワクチンで予防できる病気(VPD)をしっかりと予防しましょう。

当院では診療時間内であればいつでも予防接種の受診可能です(WEBで予約をとってください)

ワクチンスケジュールについてはこちら

予防接種の種類

ヒブワクチン

  • インフルエンザ菌b型による感染症を予防します。インフルエンザ菌は乳幼児期に髄膜炎や喉頭蓋炎など重症感染症を起こす菌です。
  • 生後2か月から開始します。4〜8週間間隔で3回接種します。7ヶ月以上後、1歳をこえたら4回目を追加接種します。

小児肺炎球菌ワクチン

  • 肺炎球菌による感染症を予防します。肺炎球菌は乳幼児期に細菌性髄膜炎や敗血症を起こします。肺炎や中耳炎の原因にもなります。
  • 生後2か月から開始します。4〜8週間間隔で3回接種します。2ヶ月以上後、標準的には1歳から1歳3か月に4回目を追加接種します。

B型肝炎ワクチン

  • B型肝炎ウイルスによる肝炎や肝硬変、肝がんのリスクを予防します。
  • 生後2か月と3カ月、7-8か月に計3回接種します。

4種混合ワクチン(DPT-IPV)

  • ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオを予防します。ジフテリアとポリオは現在、国内での感染はほとんどありませんが、以前は重い神経症状や気道症状の原因の一つでした。
    百日咳は乳児に重症な咳や呼吸困難を起こすことがあります。破傷風は傷口から菌が入り、菌が生成する毒素により痙攣や麻痺などの神経障害を来すことがあります。
  • 生後3ヶ月から開始します。3〜8週間隔で3回接種します。3回目から6か月以上あけ、4回目を追加接種します。

2種混合ワクチン(DT)

  • ジフテリアと破傷風を予防するワクチンです。
  • 11歳~13歳未満に1回接種します。

水痘ワクチン

  • 水痘(水ぼうそう)を予防します。水痘はヘルペスウイルスの水痘・帯状ウイルスが原因で、全身に水疱疹が多発し、重篤な状態になることもあります。
  • 1歳〜3歳で2回接種します。2回目接種は標準的には6ヶ月から1年の間隔をあけます。

BCGワクチン

  • 結核を予防するワクチンです。結核は成人では肺結核が有名ですが、乳児では髄膜炎や粟粒結核という致死的な疾患を引き起こすこともあります。ヒトに対する毒性が失われて抗原性だけが残った結核菌(BCG)を接種することにより、乳幼児結核を予防することが出来ます。
  • 1歳までに1回接種します。標準的には、生後5か月~8か月未満に接種します。

麻疹・風疹混合ワクチン

  • 麻疹(はしか)と風疹を予防するワクチンです。麻疹は発熱、発疹の症状がみられ、肺炎や脳炎などの合併症を来すことがあります。風疹も発熱、発疹の症状がみられる疾患で、妊婦がかかると、赤ちゃんに重篤な障害が生じる可能性があります。
  • 1歳〜2歳に初回接種をします。5歳以降の小学校の入学前の1年間に追加接種をします。

日本脳炎ワクチン

  • 日本脳炎を予防するワクチンです。蚊が媒介する日本脳炎ウイルスの感染で、急性脳炎を来します。
  • 標準的には、まず3歳~4歳の間に合計2回、その2回目接種から1年あけて、もう1回接種します。さらに、9歳~12歳に追加接種をします。

ロタワクチン

  • ロタウイルスによる胃腸炎を予防するためのワクチンです。当院ではロタリックスを使用しています。ロタウイルスは乳児の胃腸炎を起こす代表的なウイルスです。嘔吐や下痢により脱水を引き起こすことがあります。胃腸炎関連痙攣や脳炎を合併することもあります。2種類のワクチンがありますが、臨床効果は概ね同じです(投与スケジュールがすこし異なります)。
  • 生後2か月から3-4か月までのあいだ2回、経口で接種します。
  • 接種前後30分は授乳が出来ませんので、ご注意ください。
  • 他院でロタテックを接種している方で、2回目、3回目を当院でご希望の方はお問い合せください。(ロタワクチンは同じ種類のものを接種する必要があります)

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン

  • 子宮頸部に出来るがんを予防するワクチンです。
  • 当院では小学6年からの接種としています。接種回数は3回です。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて

    HPVワクチン 接種 の積極的 な 勧奨が2021年より再開されました。対象になるお子さんの接種をお勧めします。
    当院ではHPVワクチンの定期予防接種には、ガーダシル(4価ワクチン)を使用しています。接種1回目の接種を受けた2ヵ月後に2回目を受け、3回目は1回目の接種を受けてから半年後に接種となります。

  • シルガード®9について

    現在日本で定期接種として接種ができるHPVワクチンは、サーバリックス(2価ワクチン)と、ガーダシル(4価ワクチン)の2種類です。2021年より、子宮頸がんの原因となるHPVの型をより広くカバーできる9価ワクチンであるシルガード®9が日本でも使用できるようになりました。これまでのワクチンと比べて、子宮頸がんの予防効果がより高いことが報告されています。接種間隔は初回接種の2ヵ月後に2回目、6ヵ月後に3回目を受けます。任意接種になりますが、定期接種のHPVワクチン(サーバリックス、ガーダシル)に代えて、9歳よりシルガード®9での接種も可能です。ご希望があればご相談ください。

任意接種

おたふくかぜワクチン

  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を予防するワクチンです。おたふくかぜはムンプスウイルスの感染で、発熱や耳下腺(耳の下にある唾液腺)の腫れが特徴です。髄膜炎、難聴、精巣炎などの重篤な合併症を来すこともあります。
  • 1歳から接種できます。1歳頃と5-6歳頃の2回接種が推奨されています。

    ※お住まいの地域によって助成があります。詳しくは下記をご確認ください。

    その他、接種可能なワクチンもありますので、お気軽にお問い合わせください。

3種混合ワクチン(DPT)

就学前に百日咳抗体価が低下していることを受け、就学前(5歳以上~7歳未満)に3種混合ワクチン(DPT)の追加接種をすることが推奨されています。
また、11-12歳の2種混合(DT)ワクチンに代え3種混合ワクチン(DPT)を接種することも推奨されております。
ご希望があればご相談ください。

ポリオワクチン

ポリオは4種混合ワクチンとして3か月~2歳の間に定期接種がありますが、ポリオの抗体価定価が減衰する前の就学前(5歳以上~7歳未満)を対象に、ポリオワクチンを追加で接種することが推奨されております。
ご希望があればご相談ください。